STAFF BLOG

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

コメント

<< 気がついたら・・ | main | Life Links in Live !! >>
 楽器は相棒
ども安澤です!

バンドの皆さんがライブを重ねて、自分達の音について向き合い、日夜研究に励んでくれていて非常にうれしい限りです。

しかし、エフェクターやアンプの使い方も大事ですが、皆さんが普段弾いている楽器、自分でメンテナンスをしていますか?

エレキギターやエレキベースは楽器から送られてくる信号をアンプやエフェクターで調整していくのですから、アンプやエフェクターでイイ音を作る条件がそろっても、楽器自体の適切な調整がなされていないとその効果を十分に発揮できませんし、プレイに支障が出でくる場合もあります。

■オクターブチューニングは合っていますか?

■弦高が高すぎたり低すぎたりしていませんか?

■ピックアップの高さは適正ですか?

■ネックは反っていませんか?

■ブリッジやナットが減りすぎていませんか?


オクターブ・チューニングは、開放弦の音とフレットを押さえた音のズレを直すチューニングです。フレット音痴を調整するチューニングです。

弦高調整は弾きやすさ、楽器の鳴りに影響します。

ピックアップは弦の振動を電気信号に変える箇所なのでその高さ(弦との距離)はアンプから出る音に影響します。

ネックが反っていると弦がびびったり、オクターブチューニングが合わなくなったり、弦高に…と、すべてに影響が出てきます。ナットの減りやブリッジの減りも同様、特にブリッジは弦が切れやすくなったりしてきます。

ただ、ネックの反りやナット、ブリッジ、フレットの減りは知識が無いまま調整に挑むと最悪の結果を招くことになりかねないので、おかしいなと思ったら楽器屋さんや、楽器に詳しいバンドの先輩等に相談することをお勧めします。

そんなわけで、エレキギターやエレキベースはボリュームとかトーンとか以外にも様々な箇所にいろいろと調整できる機能が付いております。
ではどうすればいいのか?ということですが、


まず自分で調べましょう!



教則本やギター雑誌を見れば大体書いてあるし、インターネットでもその手の解説が詳しく乗っているサイトはたくさんあります。求めた知識は身につきます。

なんだそれ!と思われるかもしれませんが、これは意地悪とかではなくて、楽器によってキャラクターも違えば調整する場所も微妙に違うし、何よりも弦高調整やピックアップ調整は弾き手の好みによるのでこうしたほうがイイとは一概に言えないものだからです。そして前にも書いたことですが、やっぱり

自分の使っている楽器については自分が一番詳しくなる

ということが大切だと思います。だってせっかく選んだ大事な相棒ですよ?

まあ知らなくてもバンドは出来ます。でも、どんな楽器で、どんなゲージの弦が張ってあって、どんな音がして、どんなクセがある。
ココをおさえた上で『こういう音を出したい』っつって、アンプのチョイスをしたり、エフェクターのチョイスをしたり、はたまたピックアップを交換したり…という風にしていくと失敗や無駄な出費を減らせると思います。


最低限オクターブチューニングくらいは自分で出来るようになりましょう!


カッコイイプレイも含めて楽器を体の一部のように操ってください!

ではまた!
コメント
コメントする









ページのトップへ