STAFF BLOG

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

コメント

<< 【疾風怒濤】 | main | ねぇ…マツタケ…好き? >>
 リハーサルについて
ども!安澤です。

皆さんがライブを行うにあたり、どの会場でも特殊なイベントや都合が付かなくてやむを得ない場合以外、ほぼ必ずオープン時間前に会場入りをしてライブ本番に向けてリハーサルを行いますね?

そもそもリハーサルとは何のために行い何をするべきなのか

今日はそのリハーサルについてふれていきたいと思います。

そもそもリハーサルとは

音楽興行や演劇、あるいは進行が決まっているイベントを進行する前に主に行われる。
音響、照明、舞台装置などと演者の兼ね合い、実際の進行などを最終的にチェックするのが目的である。
予定される内容を実際に行って、その状態をチェックするのが目的ではあるが、
この中では関係者の進行内容に対する把握具合を高めたり、機材や設備の最終チェック、
また期待された効果が実行中に得られるかのテストといった様々な理由付けが見られ、
リハーサル中にはそれらの見直しが平行して行われ、問題が出たら中断して改善され、
問題個所の少し前から再度リハーサルが続けられる。

wikiより

というわけなんですが、
ライブハウスで行われているリハーサルとはどういったものなのか
という事をお話していきたいと思います。

ライブのリハーサル目的として

●サウンドチェック
●照明当たり、ライティングチェック
●登場から退場までの進行や、その他演出の確認

大まかにこの3つがリハーサルをする目的です。
そもそもライブと言うのは

【バンドの生演奏をお客さんに見せる】

という、いたってシンプルな目的のために行うわけですから、事前の準備といっても、さほど大掛かりではないハズですので、そんなに小難しく考える必要はないんですが、わからない事や不安なこともあったりすると思いますから、うまくリハーサルを進めるためにも少しお話にお付き合い下さい。

僕は音響がメインなので、3つ中から『サウンドチェック』について説明していきます。

サウンドチェック、つまり音の確認です。

ココでチェックするのは

皆さんが演奏する楽器の音(中音1)

そしてそれを補助するモニターの返しの音(中音2)

演奏している音を拾ってバランスを整え、お客さんに聴かせる音(外音)

となっております。

ココで一番重要なのは各音が個別のものではなく「中音1」がすべての根本にあると言うことです。
中音1をPAが拾ってミキサーを設定し、モニター「中音2」に返したり、ホール「外音」に出したりしているわけですから、中音1が変わると中音2も、外音にも影響します。

例えば、リハーサルでの演奏の途中で、自分のギターの音が聞こえづらいと思ってアンプのボリュームを上げたとします。
ボリュームを上げた事によって自分は演奏しやすくなるかもしれませんが、アンプの音が上がったことにより、それを拾ってPA卓に送られている音の信号も大きくなります。
ということはドラムモニターにちょうど良く返っていたギターの音も、PAさんが今まさにバランスをとっていた外のギターの音も大きくなります。
なので、それまでのリハの流れで行ってきたドラムのモニターのバランスも、PAさんの調整していた外音のバランスも崩れ、また一からやり直しになるわけです。

だから、一度PAを通した音は変えてはダメなのです!!!!

…とうことは全くなく

「すいませーん!ギターなんですけどアンプの音上げて良いですかー?」
というように、変えたいときはその都度PAの人とコミュニケーションを取りながら変えるようにしましょう。


きっと快く調整し直してくれるはずです。

と言うわけで、「中音1」が変わるのがどれだけ重要かお分かりいただけたと思います。

そして「中音1」ではどうにもならない音を補助するためにモニター「中音2」があります。ボーカルやコーラスの声はもちろん、ステージの反対側にいる演者の音を聴きながら演奏したい場合や、キックとスネアだけ良く聴きたい場合などPAさんに注文して返してもらいましょう。

より心地よく演奏するためにステージの中音を決めるのにもいろいろとやり方があります。
ギターやベースが聞こえない場合にはアンプで上げた方がやりやすいのか、それともモニターで足元から返してもらったほうが良いのか
ドラムが聞こえない場合はドラムを返しでもらったほうが良いのか、それとも後ろで鳴ってるアンプの音をを下げてドラムの生音が届くようにしたほうが良いのか
ボーカルの声が聞こえない場合はモニターで上げるのか、周りの音を抑えるのか…

というように、聞こえないものを大きくするだけでなく他を下げていくという選択肢もあります。
また外音に影響しすぎる場合は最初からPAさんに「下げてくださーい」と言われてしまう場合もあります。

なので目安として『ボーカルの声量』を基準に中音の音量を決めるようにしましょう。
ボーカルの声は、ほぼ間違いなくモニターの返しからしか聞く事が出来ませんし、マイクとの位置関係上、音量的限界の前にハウリングという問題が出てきますから返せる音量レベルというのも大体決まっています。
とはいえ、初めてのハコや、リハーサルそのものになれないうちは、それすらもままならないと思いますから、歌がどのくらい聞こえるのか、モニターでどれくらい返ってくるかを確かめるために、リハの最初にボーカルの声を出来るだけ大きく返してもらって、とりあえず演奏してみてください。歌が十分聞こえる場合はアンプの音量にもまだ余裕をもてますが、その状況で歌が聞こえない場合は他を下げていくしかなくなります。


『聞こえない理由はその音が小さいのか、それとも周りが大きいのか』

その判断が運命の分かれ道です(笑)

と、ここまできましたが非常に長くなってしまったので今日はここまでにします。
まだまだ色々とあるので続きはまた今度にしましょう!!

ではまた!
コメント
画面メモさせて頂きました。
なんもわかってなかったので(¨;)
  • 渋春
  • 2010/10/27 7:23 PM
コメントする









ページのトップへ