STAFF BLOG

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

コメント

<< なうってなに?? | main | イコライジングについて >>
 コンプレッサー!
ども安澤です!

久々の安澤のコーナーですが、本日はコンプレッサーについてです。

ギターやベースに繋いだり、PAさんが卓に組み込んだり、レコーディング現場では録音時から仕上げのマスタリングまでの要ともいえるコンプレッサー。ひとえにコンプと言えど使いやすくシンプルなコンパクトエフェクタータイプからラック式のものすごく高いものまで、様々なものが、様々な用途で使われております。

それだけいい仕事をするエフェクターなのですが、その用途によって使われ方がまったく異なる代物であります。

ですから、目的に対して誤った使い方をするととんでもないことになってしまいます。


そもそもコンプレッサーというモノの機能としては

入力音量が予め設定した一定の値(スレッショルドレベル)を超えた場合、音量の変化を設定した比率(レシオ)で抑え、設定された時間で解放(リリース)するプロセスによって、その音量の最大と最小の差(ダイナミックレンジ)を圧縮する

というものです。

●スレッショルド→コンプレッサーが効き始める入力レベルの値(dB)
●レシオ→入力されたレベルをコンプレッサーが圧縮する対比率(*:1)
●アタック(タイム)→入力レベルがスレッショルドレベルに達してからコンプレッサーが働くまでの時間(msec)
●リリース(タイム)→コンプレッサーが働いてから開放されるまでの時間(msec)

を設定して使います。

音の粒(1音ごとの強弱)をそろえるために使ったり、逆に、圧縮が始まるまでの時間(アタックタイム)を調節してピッキングの音を強調することも出来ます。
またスレッショルドレベルを低く、圧縮比を高く設定して、ギターでは同じ音量が長時間維持されるので、減衰時間を伸ばすサスティナーのような効果を得る使い方も出来ます。
レシオを最大(∞)にして使うとリミッターにもなります。
が、コンプレッサを強く掛けすぎると、音に歪みがでたり、音質自体が変わったりしますので注意が必要です。
特にサスティナーの用途などでコンプをかけた後に音量を持ち上げる場合は、コンプで圧縮した音を大きくするわけですから、実際に鳴っている音よりも大きいレベルの音を出している(極端に言えば必要以上にヴォリュームを上げている)ことになるわけで、普段は聞こえなかったノイズ成分が目立ったりハウリングを起こしやすくなります。

また、様々なメーカーから色々なタイプのコンプレッサーが出ていますので、物によって機能の名称が違ったり、設定項目が省かれていたりする場合が結構あります。
実はこれが一番やっかいな気もしますが、使うときはどのツマミがどの役割をするツマミなのかを把握してから使うようにしてください。
しかも、ツマミを右に回すと効くのか弱まるのかが違う場合もありますから、本当に注意が必要です。
なので、自分の目的に合ったものをチョイスするところからすでに戦いは始まっております(笑)!
せっかく使うのですから有効的に使いましょう!
ではまた!
コメント
1/7 出たいっす!
  • alohapapa
  • 2010/11/30 2:01 AM
コンプのアタックとリリースの設定がむずいっす…
  • yusasaki
  • 2010/12/02 10:31 PM
コメントする









ページのトップへ