STAFF BLOG

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

コメント

<< Rodier 結成一周年記念 初主催 | main | もう10月! >>
 D.I.〈ダイレクトボックス〉
今回はダイレクトボックスについてです

ダイレクト・ボックス(D.I.)とは、電気/電子楽器の出力を直接ミキシング・コンソール(PAミキサー)に接続するために用いるインピーダンス変換器であります。

なぜ『D.I.』と略されるかというとこいつの正式名称は(ダイレクト・インジェクション・ボックス)なんです。

PAは基本的にステージ上のアンプやドラムにマイクを立ててバンドの音を収音、拡声するんですが、それをマイクで拾うのではなく、会場のPAシステムに音を送り直接操作してもらうためのアイテムです。
ライン出力がついている電子楽器に限りですけどね。

何故そうするかと言うと、

楽器→アンプのスピーカー→マイク→ミキサー

という経緯より

楽器→ミキサー

と繋ぐことでよりクリアな音質をロスなくミキサーに送ることができるからです。

てなわけで、D.I.は楽器に繋いだからといって音を変化させための機材ではなく、PAが音を拾うための機材です。


よく使うのがキーボード、エレアコ、シーケンサー、そしてベースです。

キーボードやアコギなどは使わないバンドもいますがベースは大体のバンドは必ずいますね。

何故ベースはD.I.を繋ぐのにギターは繋がないのかと言いますと、楽器の特性から、ギターは高音楽器、ベースは低音楽器で、ベースをアンプのマイクだけで拾うとバンドサウンドの中で埋もれてしまうし、妙な倍音成分のみが飛び出したりと上手く再現できないんですね。

じゃあギターはどうかというと、ギターアンプの音をマイクで拾っても性質上ベースほど埋もれませんし、ギターの場合はアンプを通した音がギターの個性と言うか、もはやアンプもギターの一部というくらいサウンドの要ですからね。『アンプを通した音がエレキギターの音』なんです。
あとD.I.だけのギターの音のギターらしくなさといったらビックリしますよ(笑)

ていうと、「そんなもんベースも一緒だわよ!」とベーシストの声が聞こえそうですが、まあまあ落ち着いて。

確かにベース→(エフェクター)→D.I.→アンプと繋ぐとアンプから出てる音と全然違う音がラインでPAに送られてしまうことが結構あります。
そりゃそうですよね、アンプの手前でPAは音を拾ってますからね。
まあ大概のPAさんはアンプからでる音を参考にラインも作ってくれるでしょうし、昔はD.I.からのみしかベースを拾わなかったですが、今はマイクとミックスが主流です。
バンドサウンドに馴染ませてくれるのは最終的にはPA次第ですから、そこはPAさんとコミュニケーションをとりながら音を作っていきましょう。

でも、『どうしても自分でラインの音も操作したい!!』というベーシストの声が多かったのでしょう。そこで開発されたであろうアイテムがサンズアンプやMXR等のプリアンプ/D.I.です(最近流行りのアバロンU-5もゲインコントロール、トーンカーブコントロールがついた高級プリアンプD.I.)。

これをD.I.の前に繋げばラインの音も調整することが可能です…っていうか大体のプリアンプペダルはペダル自体にD.I.アウトがついててD.I.として使うことが可能です。
プリアンプ繋いで音を作るのならばアンプ自体のコントロールはなるべくフラットにして音を出すためのものにして、プリアンプで作り込むようにしないとラインで送る音とアンプの音が違う風になってしまいがちなので気を付けましょう!!

というわけでD.I.についてでした!

ではでは!
コメント
>>D.I.だけのギターの音のギターらしくなさ

エレアコの場合もD.Iだけで繋いでしまと、アコースティックらしくない音になってしまうとゆう事ですか?

だから、エレアコもプリアンプやエフェクターで色づけする必要がある。。そうゆうことなのでしょうか??
  • ユウキ
  • 2011/09/14 1:16 AM
コメントする









ページのトップへ