STAFF BLOG

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

コメント

<< マルチエフェクター | main | 祝10周年 >>
 シーケンス同期演奏について
リクエストがありましたので今回はシーケンスについてです。

この業界でシーケンスというのは生の演奏とは別にあらかじめ作ってある音源に合わせて演奏するいわゆる「同期演奏」のことを差します。呼び方も色々あって「同期」と略したり「オケ」とか、「打ち込み」とか言ったりします。ドラムレスでリズムマシンを使うのもこれです。

バンドメンバーが出すアンサンブル以外の音を出したいときや、足りないメンバーを補うときなど、使い方によってはバンドの音数は無限に増やせます。

最近はDAWの普及により手軽に音源が作れるようになってきてるし、良質なMTRやPCとオーディオインターフェイス等の再生媒体も手軽に使えるような時代ですので割と身近な存在ではないでしょうか。
実際使っているバンドも昔に比べたらかなり増えたと思います。

リクエストがあったのはシーケンスを取り入れるとしたら何を注意すべきかという事でしたので、思い付く限りザッと上げてみます。

まずシーケンス音源を作るところから始めるわけですが、とりあえず入れたい音を打ち込んだり、録音したりしていきます。レコーディングのような作業ですね。
ただ、販売するための音源のレコーディングとは違い、

○MTR(トラックわけが出来るDAWソフトも)を使う場合作った音源は2トラックにミックスダウンせずに、出来る限りトラック分けをしておき、各音源の調整を出来るようにしておきましょう

PAに送るアウトがステレオLRの二回線だからといって2ミックスにパッケージしなければならないということはありません。むしろトラックごとの調整を出来るようにする為のMTRです。
何故トラックを分けた方がいいかというと実際ライブ会場で他の生楽器と共にPAを通して鳴らした時、聴こえ方が思ってる感じと違った場合に調整が出来るからです。ドラムの変わりにリズムトラックを使う場合でも、バスドラム、スネア、ハイハットを調整出来た方がより臨場感のあるPAミキシングが出来ます。
同様に音源のエフェクト処理やイコライジング等も会場でPAさんと相談しながら行った方が確実ですし、スムーズです。
マルチアウトの機材を使う場合は各音源を単品ごとにPAに送って全てPAミキサーで調整してもらうことも可能ですが、PAミキサーのスペックや対バンの回線等、PAサイドの都合もありますからマルチアウトしたい場合は会場のPAさんに事前に相談しておきましょう

シーケンス演奏は音源に合わせて演奏しますから、音源と演奏がズレてしまってはいけません。
ドラムやドラムの代わりになるリズムトラックも音源として流す場合はいいですが、ドラムが居る場合、ドラムの人はシーケンスと同期したクリックを聴きながら演奏しなければいけません。
ですが、オーディエンスにクリックが聴こえてしまっては興ざめしてしまいますから、

○PAに送る音源トラックと別にクリック音をドラムに送る回線が要ります。(MTRやオーディオインターフェイスによって方法は変わります。)
○クリックを再生するヘッドホンアンプやイヤホンなどイヤーモニターも一式要ります。

どうせイヤホン使うなら返しのモニターもイヤモニにしてしまうのも手ですが、これもPAサイドの都合もあるので事前に相談しておきましょう。

普通にバンドで合わせてる時ならアドリブやその時々の雰囲気でアレンジを変えたり曲の尺を伸ばしたり出来ますが、シーケンスを使うと主導権はシーケンスにありますからこの辺が不自由なところです。

シーケンスはメンバー以外に様々な音を流してくれて、楽曲の可能性を色々と広げてくれますが、音数が増えれば増えるほど各音の解像度は低くなります。
ですから最後のアドバイスは

○何でも出来るからといって必要以上に音を入れない。

ですかね(笑)。
シーケンスが生演奏のフレーズやアンサンブルを殺してしまうようでは本末転倒です。

と、今回はシーケンスについて書いてみましたが、他にもこんなこと知りたいとか、よくわからないことがありましたらRIVERST安澤までお気軽にどうぞ。

出来る限りでお答えいたします(笑)
コメント
コメントする









ページのトップへ