STAFF BLOG

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

コメント

<< GAINとLEVELについて | main | 新年度! >>
 キーボードについて
 キーボードについてのリクエストを頂きましたのでキーボードについて書こうと思います。

 が!僕はキーボードの本体の操作や機能については全然詳しくありませんのであしからずw。

 キーボードと一口に言っても種類は様々でエレピ、シンセ、オルガンなど種類や、大きなものから小さなものまでたくさんありまして、系統や機種によってそれぞれ元になる音源や機能が違います。その辺はお手持ちの取扱説明書とにらめっこしてみてください。

 

PAに繋いで音を出す仕組みは基本的にはどのキーボードも同じです。

キーボードのアウト端子とD.I.を繋ぐだけです。大体のキーボードはモノラルアウトとステレオアウトが選択可能になっています。モノラルなら回線は1回線、ステレオなら2回線になります。

キーボードの枚数が増えればその分回線も増えます。すべてステレオで出すならキーボードの枚数×2回線になりますからその分D.I.もPAのチャンネルも必要になってきますので、何枚も使う人のなかには回線をミキサーにまとめて出す人も居ます。

またD.I.を使わずにJC-120や、キーボードアンプを使ってギターのようにマイクで拾音することも可能です。

 

キーボードはステレオが良いのかモノラルが良いのかという論議をよく見かけますが、これはライブ会場のどの場所で聞くかによってLチャンネルとRチャンネルの聴こえ方が変わってくるからというのが理由なのでしょう。確かにモノラルなら会場の左右のスピーカーから均等に出せますが、聞く場所によって音の聴こえ方が変わってしまうのは何もキーボードに限ったことではありませんし、音が左右移動するようなステレオを前提で作られている音源の場合、その効果は反映されなくなってしまいますから僕的にはどっちが良いとは断言できませんみなさんの好みで良いと思います

 

PAサイドからの目線で注意して欲しい点(というか、これはあくまで僕目線ですがw)は、キーボードによってアウトプットの端子が異なりますので、D.I.までのケーブルはなるべく各自ご用意下さいというのがまず一つ。

それから、D.I.でキーボードを使う場合、キーボードの音色はよほど必要に迫られない限りはむやみに自分で音色を加工(特に周波特性)などせずにフラットにしておいた方が良いと思います(ただ、すぐ調整できるように音量調整やイコライジングなど機能の把握だけはしておいてください)。

何故かというとD.I.に挿してPAにダイレクトに送る場合、場所によって機材も環境も違いますから、キーボードの出音やモニターの音はスタジオやライブ会場のPAシステムによって結構変わってしまうからです。そうなると音色のキャラクターや聴こえてくる大きさも変わってしまいますから、たとえ普段練習しているスタジオなどでがっちりと音を作りこんだとしても同じ感じで音が出るとは限りません。

ですから当日会場で音を出してみて、もし何か気になる点や要望があったらPAさんに要望を伝えて自分の思う音に加工してもらうか、PAさんのアドバイスに従って音色を調整するといいでしょう
コメント
コメントする









ページのトップへ